家庭でも作れる媚薬集

ネットで「媚薬の作り方」と検索すると、いくつか作成方法を紹介しているサイトがあるかと思います。

まとめてみましたので、興味のある方はご覧になって下さい。

中には危険な材料も含まれていますので、素人感覚で作るのは控えてくださいね。

 

レモン媚薬

レモン汁をメインにした媚薬の作り方です。

材料は日常でよく使うものばかりですね。

材料
  • レモン汁
  • たまねぎ
  • ニンジン
  • 牛乳(コップ1杯)
作り方

レモン汁にたまねぎを4分の1にカットしたものをを加える。

千切りにしたニンジンと牛乳を混ぜて温める。

感想

え…?これだけ…?不味くない…?

試しにちょこっと作ってみました。

ハイ、ダメですね。

不味いですし、媚薬効果どころか、不快感しか残りませんw

 

ニンニク媚薬

ニンニクを1個使った男女共用の媚薬の作り方です。

こちらも材料は日常でよく使うものばかりですね。

材料
  • ニンニク×1(わさびでもOK)
  • オレンジジュース(100%ジュースがベスト)
  • アルコール(5%~10%ほどの度数)
  • 砂糖×スプーン1杯
作り方

ニンニクに砂糖をふりかけて、お湯を注いで5分間待ちます。

砂糖が溶けたら、ニンニクを押し潰していきます。

そこに、オレンジジュースとアルコールを入れます。

良く振ってから飲みましょう。

感想

こちらも試しに作ってみましたが、どうにもなりません。

不味いですし、不快感しか残りません。

 

白媚薬

オレンジジュースを基本にした媚薬の作り方です。

誰が言ったか分かりませんが、よく効くらしいです。

材料
  • オレンジジュース(100㏄)
  • 赤ワイン(小さじ1杯)
  • ラズベリージャム(大さじ2杯)
  • 塩(少々)
作り方

オレンジジュースに、赤ワイン→ラズベリージャム→塩の順に入れていく。

感想

材料も簡単に手に入る物ばかりですし、気になった方はお試し下さい。

相手の事を想いながら作るのがポイントのようです。

まぁ、媚薬効果が出るとは思えませんが…

 

りんご媚薬

リンゴジュースを使った媚薬の作り方です。

白媚薬と似たようなものですね。

材料
  • リンゴジュース(100㏄)
  • 赤ワイン(小さじ1杯)
  • イチゴジャム(小さじ1杯)
作り方

リンゴジュースに、赤ワイン→イチゴジャムの順に入れていく。

感想

材料も簡単に手に入る物ばかりですし、気になった方はお試し下さい。

こちらも相手の事を想いながら作るのがポイントのようです。

まぁ、媚薬効果が出るとは思えませんが…

 

インド式媚薬

チョウセンアサガオを使った塗るタイプの媚薬の作り方です。

材料
  • チョウセンアサガオ
  • 黒コショウ
  • 蜂蜜
作り方

蜂蜜に黒コショウとチョウセンアサガオを混ぜ合わせる。

これを性器に塗ると、塗った部分が敏感になります。

感想

材料の「チョウセンアサガオ」ですが、決して違法な素材ではないのですが、別名「キチガイナスビ」とも言われており、少々危険な素材になります。

神経への刺激がとても強く、毒性を持っているため中毒症状を起こしたりします。

軽はずみで作ってはいけません。

もう、こんな危険を犯してまで自作する必要はありませんよね…

 

ブランデー媚薬

アルコールを使った塗るタイプの媚薬の作り方です。

材料
  • ブランデー
  • 粘度高めのローション
作り方

ローションとブランデーを分量10:1~10:3程度の割合で混ぜ合わせます。

感想

お酒に弱い方は絶対にやってはいけません。

粘膜からアルコールを吸収しますので、急性アルコール中毒を起こす可能性があります。

 

スプライト媚薬

炭酸飲料「スプライト」を用いた媚薬?の作り方です。

材料
  • スプライト(常温)
  • 味の素(スプーン1杯)
作り方

まず、スプライトのフタを少しだけ開けて軽く振ります。

そして炭酸を30~50%くらい出すまで振り続けます。

味の素を入れて、5分間待ちます。

感想

もちろん媚薬効果などありませんw

ネタとしてお使い下さいね。

 

中国式媚薬

色々な植物や葉っぱを用いた媚薬の作り方です。

材料
  • サンダルウッド(3g)
  • シャクナゲの花(2g)
  • クラリセージ(2g)
  • ナンテンの葉(4g)
作り方

上記の材料を沸騰した水に入れて、5~10分間煮つめます。

感想

あまり聞き慣れない素材だと思います。

この媚薬を作ろうと思ったら、それなりの費用が掛かりますのでご注意下さい。

もう普通に媚薬買ったほうが安く済むかも知れません…

 

まとめ

手作り媚薬は中国から伝えられるものが多くて、どうにも怪しいものばっかりですね。

中には危険な素材や方法もあるので、自作は控えましょう。

まず効果の高い媚薬など作れません。

結局は材料もタダではありませんので、普通に媚薬を購入したほうが良いですね。

色々と紹介しているので興味のある方は覗いてみて下さい。

媚薬一覧