チョコレートに秘められた効果

チョコレートを愛する女性はきっと多いですよね。

私も結構好きなのでポリポリ食べてます。

そんなチョコレートには媚薬効果を始め、秘められた嬉しい効果があります。

有名な効果を幾つか紹介したいと思います。

 

媚薬効果

チョコレートの原料となっているカカオには、テオブロミンと呼ばれる成分が入っています。

このテオブロミンは苦味を出している成分であり、精神安定作用があるのです。

また、カフェインには興奮作用がある事が確認されています。

この2つだけでも、リラックス&興奮効果が得られるのです。

そしてもう一つ、PEAという成分が含まれており、この成分により快楽や快感をもたらす物質であるドーパミンが多く分泌されると言われています。

つまり、ドキドキ感や胸キュン状態に陥りやすくなるのです。

媚薬効果を多く得たい場合は、カカオ成分を多く含んだチョコレートがお勧めです。

この他にも、イギリスの何とかって研究者が以下の研究内容を発表されたそうです。

  • ブラックチョコレートを食べているときの心拍数は、情熱的なキスをしている時の約2倍に増加した
  • 脳が興奮した状態が、情熱的なキスと比べて4倍以上も長く続いた

世の中には色々な研究者がいらっしゃるのですね。

結論としては、チョコレートに媚薬効果はある!という事なので、気になる人と親密になるキッカケとしても使えるかも知れませんね。

 

その他の嬉しい効果

チョコレートには媚薬効果以外にも嬉しい効能があるのです。

以下にその効果を挙げてみます。

  1. チョコレートを毎日食べていると血管の機能を改善し、血圧を下げてくれると言われています。
  2. チョコレートには血液をサラサラにして、血栓のリスクを少なくする効果があると言われています。
  3. LDLと呼ばれる悪玉コレステロールの酸化を押さえて、コレステロール値の改善が見込める事で、動脈硬化の予防にもなると言われています。
  4. 脂肪分解酵素リパーゼの働きを抑えて脂肪が血中に残るのを防いでくれるため、体脂肪率が上がりにくくなります。

何だか良さそうな効果ばかりですが、大きな注意点が一つあります。

これらの効果が最大限に発揮されるのは、ブラックチョコレートやカカオを多く含んだチョコレートを毎日少量だけ食べている場合です。

基本的に高カロリーですので、食べすぎは逆効果になってしまいます。

食べる量には十分注意しましょうね(>_<)

 

媚薬チョコの作り方

媚薬効果のあるチョコレートを作ることは出来ます。

リキッドタイプの媚薬を混ぜれば良いだけです。

理想はウィスキーボンボンみたいに作れれば良いのですが、あれは結構難しいのです。

なので、溶かしたチョコに混ぜるのが良いでしょう。

ただし、混ぜる時はチョコが熱い時は控えて、可能な限り冷えてから混ぜましょう。

熱で媚薬効果が飛んでしまう可能性があります。

ちなみに味は全く保証できませんので……

当サイトでは、リキッドタイプの媚薬も幾つか紹介しているので、気になる方は是非ご覧になって下さい。

媚薬一覧