更新したら403エラーが出る原因

「BizVektor」というのは、WordPressの有名な国産無料テーマの1つですね。

使用されている方も多いのではないでしょうか。

今回は「BizVektor」をレンタルサーバーのロリポップをお使いの場合に起きるかも知れない403エラーの対処法を紹介したいと思います。

備忘録を兼ねて・・・

原因はロリポップに付いているWAF機能と言われるものです。

 

WAF機能って何?

WAF機能というのは、Webアプリケーションのやり取りにおいて不正侵入を防御することのできるファイアウォールのことです。

これが有効になっているのが原因ですね。

色々とブロックできるのでデフォルトで有効になっているようです。

 

ロリポップ403エラーが出るケース

PHPやCGIでプログラムの編集をすると403エラーが表示されます。

BizVektorをお使いの場合、殆ど403エラーが出るケースはないかと思うのですが一部機能で出てきたので紹介してみます。

  • Google Analytics設定でトラッキングIDを入力する場合
  • トップページ下部フリーエリアに広告などのscriptを入力する場合

こんなところでしょうか。

 

ロリポップ403エラーの対処法

ロリポップにログインして、「ユーザー専用ページ」→「WEBツール」→「WAF設定」へいきます。

該当のドメインの箇所が「有効」となっている筈なので「無効」に変更する。

5~10分待つ。

以上です。

簡単ですね(๑≧౪≦)

そして更新作業が終わったら「有効」に戻しておきましょう。

 

 

お読み頂きありがとうございますm(_ _)m

ではまた( ̄^ ̄)ゞ

このブログのランキングは何位かな?