主な媚薬成分のまとめ

媚薬に使用される主な成分についてまとめてみました。

聞いた事のある成分から、初めて聞く成分もあると思います。

どんな成分が含まれているのか、一度ご覧になって下さい。

 

ヨヒンベ

媚薬の成分/ヨヒンベ

原産はアフリカでアカネ科の植物になります。

日本では薬事法に指定されており、あまり馴染みがない成分かも知れませんね。

海外ではペニス増大薬に配合されるなど、一般的に利用可能な有効成分として有名なのです。

ヨヒンベは、血流を促進させる効果が高いと言われています。

また、便秘解消・ダイエットにも効果がある成分です。

何よりヨヒンベには催淫効果があるのです。

しかし、医学的な見地ではヨヒンベがどのような仕組みで催淫効果を与えるのかはまだ解明されてないようです。

一般的には、湧き上がる興奮を抑える原因を取り除く事により、興奮しやすくなり、それが持続するのではないかと考えられています。

 

マカ

媚薬の成分/マカ

原産は南米ペルーでアブラナ科の多年生植物になります。

マカの根は、鉄分・カルシウム・必須アミノ酸などのミネラル成分を多分に含み、植物性ハーブの栄養剤として幅広く利用されています。

また、栄養剤に限らず、精力剤・滋養強壮薬などに用いられる事も多い植物ですね。

マカの歴史は非常に長くて、特権階級の人々の食物として重宝されていたと言われています。

日本でも数年前から、主に精力増強効果のある健康食品として販売されているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

実はこうした有名な効力以外にも以下の効果があると言われており、マカはますます広まっていくのではないかと思います。

  • 眼精疲労
  • 肩こりの改善
  • EDの治療
  • 老化防止
  • 不妊治療
  • 冷え性の改善
  • 更年期障害の改善

このようにマカは、男性・女性に限らず嬉しい効果ばかりなのです。

 

ガラナ

媚薬の成分/ガラナ

原産はアマゾン川流域になります。

ガラナは、カフェインやタンニンが豊富に含まれている果実の事です。

神経を敏感にする働きがあるので、良く媚薬・興奮剤に配合される成分になりますね。

また、医薬品としても使用される事が多く、主に以下の分野で効果を発揮しています。

  • 疲労改善
  • 痴呆症予防
  • 肝機能改善
  • 解熱
  • 鎮痛
  • 滋養強壮

ちなみに、日本ではガラナ配合のチョコレートが販売されているほかに、ガラナの炭酸飲料やガムなんかも販売されていますね。

 

コラナット

媚薬の成分/コラナット

原産はアフリカ西部になります。

コラナットとは、高木の常緑樹の果実の事です。

成分としては、カフェイン・コラニン・テオブロミンが含まれており、中枢神経に興奮効果がある事から、媚薬・興奮剤として使われています。

ちなみに、炭酸飲料「コカ・コーラ」の名前は、含まれる成分にコカノキの葉から抽出された成分と、コラノキの実(コラナット)の抽出液が含まれていることから「コカ&コラ」と命名されたのが始まりと言われています。

 

トンカットアリ

媚薬の成分/トンカットアリ

原産は東南アジアの熱帯雨林地帯になります。

トンカットアリは、ジャングルの中に自生しているニガキ科のハーブの一種の事です。

必須アミノ酸やミネラルといった有効成分を豊富に含んでいます。

マカ等と非常に似た効果を持ちながらも大きな副作用もなく、非常に安全性の高い成分だと言われています。

特に、血液循環を促進させる作用が高く、昔から強壮薬や媚薬として現地の人達に愛用されてきた成分です。

媚薬としては、男性の性機能向上の医薬品によく使われていますね。

さらに、女性の方でホルモン分泌が過剰な場合は、トンカットアリの有効成分がその分泌を制御し最適なホルモンバランスに近づけてくれるそうで、妊娠しやすい体の状態になっていくと言われています。

 

ストリキニーネ

媚薬の成分/ストリキニーネ

主にマチン科の樹木マチンの種子から得られる成分です。

ストリキニーネは、インドールアルカロイドの一種で非常に毒性が強いと言われています。

多量に服用してしまうと、全身の筋肉が強直性痙攣を起こし死に至るケースもあります。

少々危険なストリキニーネですが、精力剤や興奮剤などに少量が配合されています。

特に、男性用の性器増大や性機能改善する医薬品に使われる事が多いようです。

かつては、バイアグラのように用いられていた事があるようですね。

 

朝鮮人参

媚薬の成分/朝鮮人参

原産は中国の遼東から朝鮮半島にかけての地域になります。

中国東北部やロシア沿海州にかけて自生するウコギ科の多年草です。

薬として有用な部位は根っこになります。

成分はジンセノサイドとよばれるサポニン群で、糖尿病、動脈硬化、滋養強壮に効能があり、古くから万能薬として珍重されていました。

薬用または食用にも用いられ、「朝鮮人蔘」以外にも「高麗人蔘」または単に「人蔘」とも呼ばれています。

ちなみに、野菜のニンジンはセリ科であり、朝鮮人参の近類種ではなく全く別の種になりますので混同しないで下さいね。

 

L-アルギニン

媚薬の成分/L-アルギニン

L-アルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進させる効果があり、別名「スーパーアミノ酸」とも呼ばれています。

アルギニンは男性の強化サプリメントとして良く使われる成分になります。

男性は女性に比べてアミノ酸を多く必要とします。

精液の80%を占めるタンパク質を構成するのがアルギニンの為、不足すると精子の数が減ってしまいます。

アルギニンを補給する事により、精子の数を増やすことが出来るのです。

その他のアルギニンの効果としては以下が挙げられます。

  • 成長ホルモンの分泌を促進する(筋肉や骨の強化)
  • 疲労を回復する(疲れ・怪我の早期回復)
  • 男性の下半身を逞しくする
  • 免疫力を高める
  • 血管を拡げ血液の循環を良くする

ただ、アルギニンには幾つか注意点があるので以下に記載しておきます。

子供は成長ホルモンが十分分泌されているので、このアミノ酸を摂ってはいけません。

また、妊娠中と授乳中の女性も摂らないようにしましょう。

そして、ヘルペスに感染しているという人は、絶対にL-アルギニンを摂取はしてはいけません。

ヘルペスウィルスがL-アルギニンをエサにして繁殖してしまうからです。

 

バイオペリン

媚薬の成分/バイオペリン

原産はインド南部の湿気の多い肥沃な土壌になります。

そこで栽培される黒コショウから辛味成分ピペリンを抽出したものです。

バイオペリンは、アメリカのサビンサ社の登録商標です。

バイオペリンは血管を広げて血液の流れを促す作用があり、媚薬・ペニス増大製品に良く使われます。

米国の臨床研究により、バイオペリンは組み合わされた栄養物の吸収率を安全に高めることが示されています。

そのため、ビタミン・ミネラル・アミノ酸など、栄養素の効果を引き出すサプリメントとしても注目されています。

また、バイオペリンは栄養素の効果も引き出しますが、服用している薬の血中濃度を上げる効果もあるため、病院にかかっている時や治療中は摂取を避けて下さいね。

 

媚薬を試してみる

このように、媚薬には様々な成分が配合されているのが特徴です。

媚薬効果だけに留まらず、疲労回復や滋養強壮など色々な効果をもたらしてくれる可能性があります。

一度お試しになっては如何でしょうか。

媚薬一覧を見る